細音先生が奏でる最高のファンタジー! おすすめライトノベル Part9~なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?~

細音先生が奏でる最高のファンタジー! おすすめライトノベル Part9~なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?~

みなさん、こんにちは

シエルです!

ついにこのラノの投票が始まりましたね
もうそんな時期かぁ~と時間の経過が早いようにも感じます
みなさんはお気に入りの作品には出会いましたか?
自分は出会い過ぎて絶賛悩み中ですw
是非皆さんも投票して、少しでも作品を応援してあげましょう!

それでは、今回紹介するラノベはこちら!

タイトルは、「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?」

著者:細音 啓(さざね けい)先生
絵師:neco先生
MF文庫Jから出版されていて、現在4巻まで刊行
コミカライズ、ゲーム化も決定されており、今人気急上昇中の作品

~あらすじ~

「なんで誰も、本当の世界を覚えていないんだ…!」

地上の覇権を争う五種族の大戦が、英雄シド率いる人類の勝利に終わった時代。

だがその世界は、少年カイの目の前で突如として「上書き」された。

書き換えられた世界でカイが見たのは、英雄シドの不在により人間が五種族大戦に敗れた光景―ここでは竜や悪魔が地上を支配し、さらにカイは全ての人間から忘れられた存在になっていた。

だが神秘の少女リンネと出会い、カイはこの書き換えられた運命をうち破ることを決意。

英雄なき世界で、英雄の剣と武技を継承し、君臨する強大な敵種族に戦いを挑む。

世界から忘れられた少年が「真の世界を取り戻す」ファンタジー超大作、開幕!

公式抜粋

筆者が大好きな作家の一人でもある細音先生の作品。
一巻が発売する前から、シリーズ化が決まっているぐらい成功が約束された作品。その期待に裏切らずめちゃくちゃ面白い作品に出来上がっている。

強大な法力をふるう悪魔族
天使やエルフ、ドワーフといった亜人種の勢力たる蛮神族
ゴーストなど、特殊な肉体をもつ聖霊族
竜を頂点とする、巨大な獣たちの勢力である幻獣族
これに加えて人間
この五種族が互いの領土をかけて戦うことを五種族大戦という。
そしてあらすじにもある通り、英雄シドの活躍により人間がこの大戦に勝利した。
ほかの四種族を墓所というところに封印して勝負はついた。
だがある日世界は一変した。
主人公の目の前で歴史が逆転したのだ。
その世界は、五種族大戦に人間が敗北して、ほかの種族が各々の領地を支配していた。
戦いはまだ続いており、その中でも一番追い込まれているのが人間。
そして、その世界では主人公カイのことを覚えている人が誰もいなかったのだ。
正史では仲の良かった仲間たちや幼馴染でさえ主人公のことを覚えてなかった。
要は、世界から忘れられてしまった。
そんな時一人の少女リンネと出会う。
彼女もその世界でずっと囚われていて独りぼっちだった。(理由はまだ判明していない
そんな「世界から忘れられて独りぼっちになった少年」と「世界に囚われていてずっと独りぼっちだった少女」が出会い、物語が始まる。

ストーリーのテンポの良さや世界観の練られ具合が流石としか言いようがない。
キャラたちの会話の中にいくつも伏線が散りばめられていて、読むスピードがどんどん加速していく。
バトル要素もすごくよく練られていて、俺tueee系ではなく、銃や剣、体術、知恵全てを総動員して人間の真髄をもって、敵を倒す。
そういう人間の底力を見せて勝つ!
みたいなのめちゃくちゃサイコー!
主人公がもつ「人類が五種族大戦に勝利した時代の記憶」という爆アドが、うまい具合に強さのバランスを崩さず、主人公の強さの秘密になっていて、すごく胸アツなバトルシーンになっています。

そして、もちろん謎解き要素もあります。
何故、歴史が上書きされてしまったのか
誰がこんなことをやったのか
囚われていた少女リンネとはなんなのか
英雄シドが残したものとは
などなど
このほかにもたくさんの謎要素があります。
それをうまい具合に隠して、時にはちらっと見せたりするから、すごく続きが気になるんだと思います。

 

そしてイラストの方も最高でございます
neco先生はずっと好きな絵師さんで、キャラもそうですが、武器がめちゃくちゃカッコイイ!!
主人公が使う武器なんか細部までこだわっていて最高です!
キャラも最高に可愛い
特に三巻
エルフが出てくるのですが、それがもうほんと……..(語彙力
とにかくイラストも最高なんです!!!(切れ気味
絶対読んでください!
これを読めばあなたも細音先生が奏でるファンタジーに取り込まれていくことでしょう…..

AMAZONのURLです
ぜひ読んでみてください!

それでは、また次の記事でお会いしましょう~

ばいち~~

ライトノベルカテゴリの最新記事