圧巻の物語がココに! おすすめライトノベル Part11~七つの魔剣が支配する~

圧巻の物語がココに! おすすめライトノベル Part11~七つの魔剣が支配する~

みなさん、どうもこんにちは!

シエルです!

先に言っときますが、来週のブログはお休みします
テスト期間に入るので、ご勘弁を…

それでは、今回紹介するラノベはこちら!

タイトル「七つの魔剣が支配する」

著者宇野 朴人先生」

発売日:2018/09/07

~あらすじ~

運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー!

 春――。名門キンバリー魔法学校に、今年も新入生がやってくる。
黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を一振りずつ。胸には誇りと使命を秘めて。魔法使いの卵たちを迎えるのは、満開の桜と魔法生物のパレード。
喧噪の中、周囲の新入生たちと交誼を結ぶオリバーは、一人の少女に目を留める。腰に日本刀を提げたサムライ少女、ナナオ。
二人の魔剣を巡る物語が、今始まる──。
                                  公式抜粋
この作品は、天鏡のアルデラミンで有名な宇野先生の第三作品目
世界観は、ハリーポッターに凄く似ている。

しゃべる植物がいたり、魔法生物がいたりと、ハリーポッターと似ているところがあります。
仲間たちと価値観を共有しあったり、たまには互いを尊重したりと胸が温かくなるシーンも豊富
各キャラクターが持つ悩みやところどころに挟まれる戦闘シーンは圧巻の一言
舞台は魔法学校と言いながら、見ごたえを感じたのは刀技なので、魔法学園系が苦手な方でも楽しめるかと。
そして、この作品では要所で対比がとられており、まずは登場人物たち。
ヒロイン(表紙の上にいる女の子)は「光」
主人公が「闇」
ヒロインは、自分の追い求めるものが見つかり、どんどん学園生活が楽しくなる一方だが、主人公は、復讐劇に駆られ、絶望ともでは行かなくてもそれなりに暗いところに気持ちがある。
学園生活していく中で二人は仲を深めて、アルデラミンのような半身を任せられるような仲間になるが、最後は戦いそう…
あぁぁ、すごく続きが気になる~
そして、もう一つが学園の「表」と「裏」の顔
表は、まぁみなさんが 想像するような楽しい魔法学園ですが、裏はまだ詳細は明かされていないようですが、教師陣と主人公に何か深くて暗い関係が

あるようです。
これらの対比がうまく書かれていて読んでいてすごく面白いですよ!
一巻しか出てないので、まだわかりませんが、今はまだ学園生活メインな感じですけど、どんどん主人公に焦点が当てられていって、復讐譚メインになっていきそうです。
物語の惹き方が凄く上手に書かれていて、序盤はそんなにですが、後半になるにつれてどんどん続きが気になっていく
圧巻としか言えない物語の最後のしめかた
ぜひともみなさんに読んで体感していただきたい!
購入はこちらから!

それでは、みなさん次の記事でお会いしましょう~
ばいち~~!!

ライトノベルカテゴリの最新記事