一味変わったラブストーリー! シエルのおすすめライトノベル Part13~キミの忘れかたを教えて~

一味変わったラブストーリー! シエルのおすすめライトノベル Part13~キミの忘れかたを教えて~

みなさん、どうもお久しぶりです!

シエルです!

投稿が遅くなってしまい申し訳ありません。ちょっと忙しくて…

それでは、今回紹介するラノベはこちら!

タイトル:君の忘れかたを教えて

著者:あまさきみりと先生
illust:フライ先生

~あらすじ~

「残された余命は半年――、俺はこのまま死ぬつもりだった」
大学を中退してニートとなり、生きる価値がないと感じていた松本修は、昔からの悪友・トミさんの誘いで母校の中学校を訪れる。そこには芸能人となってしまった因縁の幼馴染み・桐山鞘音がいて……。この出会いが再び修の運命を突き動かす。
『天才ゆえの孤独を抱えたヒロイン、凡才ゆえに苦悩する主人公。二人のすれ違いと、遠回りな青春に引き込まれました』
『逃げて逃げて、逃げ続けたクズに残った一つの約束。胸が熱くなりました』発売前から感動の声多数。掴めなかったチャンス、一度何かを諦めてしまった人に贈る、大人の青春物語。

公式抜粋

~キャラ紹介~

主人公:松本修

実家にこもり、ゲーム、ネットサーフィン、アニメなどで一日を過ごす。夢もなく、目標もなく、大学を中退。中学では、鞘音が歌う曲を作っていたが、劣等感から彼女を突き放してしまう。

一巻

メインヒロイン:桐山鞘音

修の幼馴染。高校在学中、大手レーベルに引き抜かれ、SAYANEという名のシンガーソングライターに。

作詞作曲したデビュー曲が早々にヒットするも、ありのままに音楽が歌えなくなり苦悩している。

一巻

この二人がメインで話が進んでいきます。

この二人は、説明にもある通り幼馴染で、ずっと二人いっしょにいました。
住んでいるところも田舎だったこともあり、中学も高校もいっしょ。
二人は、中学の時から一緒にユニットみたいなものを組んでいて、修が作詞作曲、鞘音がボーカルという風に、学校の授業をさぼっては二人で作詞作曲したり、配信サイト使って、自分たちで作った歌を披露していたりしました。
配信サイトで一躍有名になり始めたある日。
修は自分の才能のなさに気づいてしまいます。
鞘音がこんな風に歌いたいというものを形にするのが修の仕事なのにも関わらず、自分の技量では本当に鞘音が歌いたい曲が作れないと。
曲数もたくさん作りたいのに、作れず…。
鞘音は、二人でここまで来たんだから、そんなことないと、二人一緒だからこそできたと必死に励まします。
ですが、その声も届かず…
今まで、生まれた時から一緒だった二人が初めて、別の道を歩いていこうとします。
鞘音は、大手レーベルに引き抜かれ、東京に上京。
修も大学に行くが、途中で中退し、実家で引きこもりに。
鞘音はSAYANEとなり、東京で大ブレイクし、一躍有名な人に。
それから、数年後。
SAYANEが、活動を休止することを発表。
SAYANEが鞘音となり、実家に戻ってくることに。
そのころ修も重大なことを告げられる…

ここから話が始まっていきます。

~この作品の魅力~

1.大人な青春ラブストーリー

昔は一番近くにいた存在だったのに、大人になって、一番遠い存在になってしまった。
好きだったからこそ、自分の情けないところを見せたくなくて、遠ざけた。
好きだったからこそ、自分に気付いてほしくて、遠ざけた。
一緒にいた時間も、一緒にいなかった時間も、二人にとってはそれは大事な時間で、その大切な時間のなかで、二人はどんな結論を導き出すのか。
故郷に帰って、故郷のあたたかさに触れて、そして、出会って…
何もかも捨ててしまった修と、自分がなりたいものになったけど、何かが違うと気付いた鞘音。
そんな、二人が再び邂逅するときどう物語が動き出すのか…
そんな、学生のラブストーリーとは一味変わった、大人なラブストーリー。
まぁ、二人とも中身は子供みたいなんですけどね…w

2.修と鞘音を支える人たち

修たちの実家は、すごく田舎で、周りの人たちが凄くあたたかいんですよ。
引きこもってしまった修を何かと気にかけてくれる先輩。
昔と何も変わらずに接してくれる仲間たち。
君たちのファンだよと言ってくれる学校の先生。
みんあめちゃくちゃあたたかくて本当に最高な人たちだと思いました。
特に、”君たち”のファンと言ってくれた先生は凄く修にとっては苦しかっただろうけど、それよりもすごくうれしかったんだろうなと思いますね。

3.イラスト

フライ先生のイラストとめちゃくちゃマッチしてて、最高です!
しかも、挿絵のタイミングもすごく考えられてて、ヤバいんですよ。
章の終わりにしか挿絵はなくて、その最後に持ってくるイラストが本当に読者泣かせのイラストで最高ですよ。
ぜひとも、そこにも注目して読んでみてほしいですね

いかがだったでしょうか。

修と鞘音のラブストーリー。
喧嘩別れのようになってしまった二人。
自分の才能のなさを実感して、夢をすべて捨てて引きこもってしまった修。
片や、自分がなりたいものにはなれたけど、何かが足りない、何かが違うと苦悩する鞘音。
そんな二人が数年ぶりに邂逅するときどんな展開が待っているのか
是非とも、気になった方は読んでみてください!

それではまた次の記事でお会いしましょう~

ばいち~~!

ライトノベルカテゴリの最新記事